2016.12.18

祝!プレミアリーグ参入!【サッカー部】

  • クラブ活動

高円宮杯 U−18サッカーリーグ2016 プレミアリーグ参入戦

 12月16日〜18日にかけて広島県で行われたプレミアリーグ参入戦に出場しました。本校はプリンスリーグ関西を初優勝し、今大会にもはじめての出場となります。

○1回戦 阪南大学高校2−0桐光学園高校(プリンスリーグ関東2位)
1回戦はプリンスリーグ関東2位の桐光学園高校。桐光学園高校は、今年の選手権の神奈川県代表校で、プロ内定選手2人を擁する強豪校です。
 試合開始から気迫溢れるプレーで相手を上回り、試合を優位に進めました。前半43分、中央から右サイドへ展開。思い切りよく放ったシュートのこぼれ球を押し込み先制。1−0で前半を終了しました。後半立ち上がりは反撃にあいましたが、GKを中心に粘り強く攻撃を跳ね返しました。後半32分、カウンターでチャンスを作り出し、待望の追加点。最後まで集中力を切らさず、そのまま2−0で試合終了。決勝戦へ駒を進めました。

○決勝戦 阪南大学高校1−0新潟明訓高校(プリンスリーグ北信越1位)
 決勝戦の相手はプリンスリーグ北信越1位の新潟明訓。勝てば初のプレミアリーグ昇格がかかる大一番。両チームの気迫が激しくぶつかり合う激戦となりました。
 立ち上がりから両サイドを中心に相手を押し込みましたが、相手の激しい守備を崩し切れず、決定的なチャンスを作り出すことが出来ませんでした。前半終了間際、右サイドを突破し、上がったクロスに頭で合わせましたが、GKのファインセーブでゴールには至らず。前半を0−0で折り返しました。後半、前半以上の猛攻を仕掛け、全員が勝利のために闘い続けました。想いが実ったのは後半30分。左サイドから中央へドリブルで進入し、ミドルシュート。このシュートがネットを揺らし、勝利を近づける先制点が生まれました。残り15分、相手の猛攻を受け押し込まれますが、全員で守りきり1−0で試合終了。これにより来年度のプレミアリーグ参入が決定しました。


 選手権出場を逃し、3年生にとって最後の大会。3年生は最後まで果敢に闘い、大きな財産を残してくれました。選手の努力は当然のことながら、多くの方々の支えなしには達成できませんでした。本当に感謝しております。ありがとうございました。これからも阪南大学高校サッカー部をよろしくお願いいたします。