ICT環境

ICTで学びが変わる

 「新学習指導要領、Education2030に鑑み、次世代のニーズに応える人材を育成する環境整備」を掲げ、全教室にプロジェクタ・スクリーン・映像配信・授業支援システムを導入しています。また、学校内は全生徒がタブレット端末などを接続できるWi-Fi環境を構築しています。
 授業支援アプリなどを活用し、「情報を整理・活用する、自分の考えをまとめる・伝える、クラスメイトと協力する、主体的に学ぶ」といった能力を養い、社会で必要とされる人材を育てます。

学習用タブレット(一人一台の文房具)

入学時に一人一台学習用タブレット(学校指定の機種)を購入していただきます。安定して高速通信が可能なWi-Fiを校内全域に導入しています。必要な学びの場面でさまざまなインターネットコンテンツにアクセスが可能です。クラス全員の同時接続もスムーズで、厳選されたアプリを用いて主体的な学びを実現します。自分専用なので家庭学習もしっかりサポートできます。

MetaMoJi ClassRoom(タブレットがノートになる)

リアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」を導入し、ノート機能から高度な協働学習まで、さまざまな場面で活用します。教員とリアルタイムに1対1のやりとりができ、間違いを恐れず表現する力も育みます。

オンラインHR・オンライン授業

安定して通信できるWi-Fi環境を導入しているため、全校一斉でのオンラインHRやオンライン授業が可能です。希望者を対象にしたオンライン質問会は少人数のグループで互いに分からないところを聞き合ったり、先生がサポートしたりと個人の進み具合に応じた有意義な対話の場になっています。

一人一アカウントによるWeb学習支援サービス

学校から一人一つずつアカウントを発行し、Google ClassroomやMicrosoft 365などのWeb学習支援サービスの利用が可能になります。課題の受け渡しや管理、各種連絡をWeb上で行うことができる環境が整っています。

学習動画の提供

本校教員オリジナルの学習補助動画を提供しています。普段から見慣れた先生が授業を行うため安心して学習を進めることができます。また、分からないことがあっても質問しやすく、何度も再生できるので復習がスムーズに行えます。

みらいスクールステーション(映像配信・授業支援)

電子黒板付きプロジェクタの利用で、視覚的に分かりやすい授業を実践しています。アニメーションや動画ファイルを効果的に授業で活用することでより理解が深まります。
授業以外にも、ホームルームでの連絡事項を一斉配信し、視覚的で正確な情報連絡を行っています。学校行事の際は、カメラ映像を生中継(ライブ配信)する活用も行っています。

学校案内